情報の管理を徹底して企業を守ろう【データ保護計画】

攻撃を防ぐ

標的型サイバー攻撃に対して有効なのは、入り口対策としてのネットワーク上でのセキュリティー対策です。ネットワーク上に攻撃を検出するシステムを導入することで、攻撃が侵入するのを未然に防ぐことができます。ネットワーク上にセキュリティー機器を導入する事は有効ですが、機器から上がってきたアラートに対しては、システム担当者が対応する必要があります。システム担当者の運用の負担が大きい場合には、ネットワーク上のセキュリティー機器を監視し、攻撃をブロックするサービスが提供されていますので利用することが可能です。

現在では、標的型サイバー攻撃の攻撃手法に関する情報が収集され、ネットワーク上に設置するセキュリティ機器に対しても、最新の情報が適用されている傾向にあります。標的型サイバー攻撃においては、日々新しい攻撃の手法が生み出されていますので、よりリアルタイムに攻撃に対応をしていく必要があります。標的型サイバー攻撃に関する攻撃の情報は、日本だけではなく世界中で収集されています。海外において先にに発生した攻撃が日本で行われるケースもありますので、全世界からの攻撃に対して対応できる準備をしておく必要があります。世界中の標的型攻撃に関する情報は膨大なものとなりますので、大量のデータを扱うことができる基盤についても必要となります。